代替素材、植物由来で環境配慮と機能性を両立

週刊粧業 2024年5月13日号 5ページ

代替素材、植物由来で環境配慮と機能性を両立

 自然環境や生物多様性の観点から、従来の化学合成成分や動物由来成分の代わりに使用できる自然由来成分やそれを配合した化粧品が注目を集めている。

 若年層を中心としたサステナブル・SDGsへの関心の高まりや、クリーンビューティ・ヴィーガンといった海外のトレンドが日本にも入り、店頭やECサイトではケミカルフリーやアニマルフリー、クルエルティフリーという言葉を見かけるようになった。

あと71%

週刊粧業の有料プラン(制限なし・制限あり)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 代替素材、植物由来で環境配慮と機能性を両立

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop