ライオン、同業13社と「日用品サプライチェーン協議会」を設立

粧業日報 2024年5月30日号 5ページ

ライオン、同業13社と「日用品サプライチェーン協議会」を設立

 ライオンは、日用品メーカー13社(エステー、牛乳石鹸共進社、サンスター、ユニ・チャーム、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング他)とともに、商品供給・物流に関わる社会課題に協働して取り組むことを目的に「日用品サプライチェーン協議会」を設立した。

 人口減少・高齢化を背景とした物流の労働力不足に加え、昨今のエネルギー費、人件費の急激な上昇は、日用品業界における物流に大きな影響を与えており、従来のオペレーション費用を維持することが難しくなるだけではなく、日々の物流を継続することさえも困難になりつつある。

 これらの課題に対しては、各社の企業努力に加えて、日用品業界全体の問題と捉えたうえで、日用品メーカー各社が連携して取り組むことが不可欠であるという共通認識のもと、日用品メーカー13社と「日用品サプライチェーン協議会」を設立するに至った。

 流通事業者・物流事業者等と協働し、持続可能で生産性の高い日用品サプライチェーンの実現に向けた活動を通じて、将来にわたり生活必需品の安定した供給責任を果たすとともに、商品供給・物流に関わる社会課題の解決に向け取り組んでいく。

 また、業界における円滑な物流データ共有を推進するため、プラネットのロジスティクスEDI基盤を活用し、行政によるフィジカルインターネットの実現に向けた取り組みと連動するとともに、隣接業界との連携においても日用品業界の窓口としての役割を担っていく。

ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > ライオン、同業13社と「日用品サプライチェーン協議会」を設立

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop