近代化学、本舗メーカーと連携し生産効率を向上

週刊粧業 2018年7月9日号 59ページ

近代化学、本舗メーカーと連携し生産効率を向上
 ヘアケアOEMを軸に展開している近代化学は、生産・研究面において社外連携を積極的に行い、生産効率の向上と独自原料の開発を推進している。

 同社の外部資源活用術について、岡部達彦社長に話を伺った。

 ――生産・研究面での外部資源活用の取り組みをお聞かせください。

 岡部 当社が保有する製造設備ではシャンプーを1日に最大で3トン、1カ月で60トン生産するのが限界であり、現在は月20トンを外部に委託している状態だ。

 普段は我々OEMメーカーが依頼を受ける側だが、ある本舗メーカーから「自社製品だけしか作ったことがなく、製造釜を使用していない日は他社製品を作ってみたい」と打診され、互いにとってメリットになると考えた。

あと61%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 近代化学、本舗メーカーと連携し生産効率を向上

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop