三葵コーポレーション、プラを使用するエコの選択肢も提案

週刊粧業 2022年3月21日号 6ページ

三葵コーポレーション、プラを使用するエコの選択肢も提案
 メーク用コンパクトを主軸に化粧品容器の製造・販売を行っている三葵コーポレーション(愛知・岡崎市)は2022年3月期、コロナ禍の影響でメーク市場の低迷が続く中、インフルエンサーなどのD2C・ECブランドを中心に新規案件を獲得し、前期比横ばいで推移する見通しだ。

 伊藤博行社長は、「厳しい市場の中でもヒット商品が生まれており、売れるものと売れないものの差が明確化してきた」と述べ、今後の戦略を語った。

あと73%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 三葵コーポレーション、プラを使用するエコの選択肢も提案

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop