2022年 年末大掃除、付加価値品が堅調に推移

週刊粧業 2022年11月21日号 5ページ

2022年 年末大掃除、付加価値品が堅調に推移
 リビングケア市場は、コロナ禍のライフスタイルの変化とともに掃除する時間や頻度が増えて規模が拡大している。市場成長の背景として、トイレ用や浴室用の洗剤で「こすらず洗うだけ」といった掃除負担を軽減する商品が増えてきたことも大きい。

 今年は、行動制限の緩和にともない、テレワークを解除する企業が増えたことで、掃除時間が減ったと感じている生活者もいるようだ。

あと64%

週刊粧業の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 2022年 年末大掃除、付加価値品が堅調に推移

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop