PALTAC、厳しい環境下で制配販の枠を越えた連携を

粧業日報 2023年6月1日号 2ページ

カンタンに言うと

  • 経営環境の変化で中期経営計画を修正
  • 23年3月期、売上総利益率低下で減益
PALTAC、厳しい環境下で制配販の枠を越えた連携を
 PALTACは小売業の競争激化や原材料をはじめとした様々なコストアップなど、厳しい環境に直面する中、製配販の枠を越えた連携を進める。サプライチェーン全体の最適化に向け、業務最適化のためのシステム開発や最新鋭の物流センターの建設などに取り組んでいるが、新たに業種・業態を越えた共同物流を検討している。

 今年度は中期経営計画の最終年に当たり、計画を策定した21年当時と経営環境が変わったことから、業績目標を修正した。コロナ禍が収束に向かい、売上高は計画を上回るが、営業利益は電力費、物流費等の高騰で未達となる見通しだ。

あと87%

粧業日報の有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > PALTAC、厳しい環境下で制配販の枠を越えた連携を

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop