新剤型コスメ、新たな価値提案で顧客接点を拡大

訪販ジャーナル 2023年6月26日号 6ページ

カンタンに言うと

  • 従来剤型では成し得なかった機能・効果を実現
  • ユニークな特長を持たせたアイテムが新客獲得に貢献
新剤型コスメ、新たな価値提案で顧客接点を拡大
 新剤型コスメを開発する最大の目的は、従来剤型で乗り越えられなかった課題を解決することはもちろん、「化粧品とはこういうものだ」という既成概念を覆し、ユニークな特長を持たせて新たな価値を消費者へ提供することで、化粧品を使う喜びや楽しさを届けることに尽きる。

 脱マスクの動きが広がるまさに今、日々行うスキンケアやメークに対してこれまで以上に楽しくワクワクするような提案が求められている。消費者の期待を超えた付加価値を生み出す製品イノベーションこそ新たな市場を創出し、業界全体の活性化にもつながる。

 大手メーカーが送り出す最新の「新剤型コスメ」にスポットを当て、開発に至った経緯や商品特長などを紹介する。

あと80%

訪販ジャーナルの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

  • PC、スマホからいつでも
  • WEBでかんたん記事検索
  • お手元に届く紙面版も販売
有料プランについてはこちら
ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 新剤型コスメ、新たな価値提案で顧客接点を拡大

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop