トキワ、中核事業を強化しV字回復を示す

週刊粧業 2022年8月29日号 9ページ

2022年8月31日 10時00分

Ss20220228 2

 化粧品OEM業界の国内大手のトキワは、化粧品の処方と容器の同時開発を行う独自性を活かした新規事業として、小ロット・スピード開発・製造を実現する専用ラボ「APD Lab.(APDラボ)」を立ち上げ、インフルエンサーやKOLなどが企画プロデュースするP to Cブランドやスタートアップ企業との接点拡大・関係強化を図っている。

 APDラボでは、独自開発してきた技術や処方をデータベース化しており、市場ニーズや顧客の要望に合わせて有効活用することでスピード開発を実現する。

 2022年11月期は、日本や米国を中心に事業の柱であるプレステージ、マステージ向け製品の受注回復が見られ、半期を終えて、売上高は前年同期比2ケタ以上の伸長率で推移した。新規受注案件も獲得し、昨年竣工した瑞浪工場(岐阜県)の稼働率も既に8割を超えているという。

 金井博之社長は、「回復には時間がかかると見ていた欧州も2ケタ以上の伸び率で推移している。今後も海外は、アイライナー、アイブロウなど得意とする開発分野でOEMシェアを高めていく」と話す。

 同社の主要製造品目は、アイメーク関連製品だが、リップやマスカラ、パウダー製品などカラーメイク全般で様々な開発技術を保有している。APDラボではそれら知財を有効活用することで、オリジナルコスメのスピード開発を実現する。

 金井社長は、「あくまで中核事業は、グローバル大手のプレステージブランドやマステージブランドのカラーメイクを中心とした受託開発・製造だ」とした上で、APDラボを軸にした新規事業を通じて、独自の開発力を持つ『トキワだからできること』『トキワにしか実現できないこと』をさらに磨き上げ、OEM製品のポートフォリオの拡充につなげていきたい」と話した。新規事業でのナレッジやノウハウは中核事業にも活かし、カラーメイク全般でOEMシェア拡大を目指す。

 新規事業への取り組みは19年にカーライル・グループの傘下になって以降、推進されており、同時に社内改革も進む。

 金井社長は、「成長の陰には無理や無駄が付きもの。無理や無駄が嵩めば、ムラも生じる。コロナ禍になってカラーメイク市場は落ち込んだが、2010年代を振り返れば、業界の伸長とともに、当社もその10年間で大きく成長してきた結果、ムダ・ムリ・ムラが蓄積されてしまった」と述べ、引き続き、社内の業務改革や社員の意識改革に取り組んでいく考えだ。

 「改革に取り組む姿勢として『腹落ち感』が重要だと考えている。各部署の管理職クラスが中心となって、腹落ち感を持ってムダ・ムリ・ムラの減少に取り組み、成長ステップを踏んでいきたい」

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月6日 12時00分
    メナード、日本人のルーツの違いと肌...
  2. 2位 2月6日 12時00分
    アルビオン、新しいバイオマスPET...
  3. 3位 2月6日 14時00分
    ノエビア、手軽に強力UVカットがで...
  4. 4位 2月6日 10時00分
    ポーラ、B.Aオンライン新製品発表...
  5. 5位 2月7日 10時00分
    粧原会、新年会を開催、岩瀬名誉会長...
  6. 6位 2月7日 11時00分
    サンスター、保湿成分配合エタノール...
  7. 7位 2月6日 14時00分
    ウエルシアHD、デジタルツールでカ...
  8. 8位 2月6日 13時00分
    トリコ、「FUJIMI」のリブラン...
  9. 9位 2月1日 11時00分
    コーセー、化粧くずれを防ぐ2つの新...
  10. 10位 2月7日 13時00分
    マツキヨココカラ、SBIインベスト...
  1. 1位 2月6日 12時00分
    メナード、日本人のルーツの違いと肌...
  2. 2位 2月1日 11時00分
    コーセー、化粧くずれを防ぐ2つの新...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 1月31日 14時00分
    ライオン、2023年春の新製品を紹介
  5. 5位 1月30日 11時00分
    花王、頭髪表層に特異的に発生するう...
  6. 6位 2月1日 10時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場を調査
  7. 7位 2月1日 12時00分
    一丸ファルコス、SDGsを意識し「...
  8. 8位 2月2日 15時00分
    2023年 化粧品素材市場 機能性...
  9. 9位 2月1日 10時00分
    マツモト交商、新規粉体原料開発を推進
  10. 10位 2月1日 11時00分
    ホシケミカルズ、独自の研究開発管理...
  1. 1位 1月12日 12時00分
    花王、3年連続3分野全てでAリスト...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 2月6日 12時00分
    メナード、日本人のルーツの違いと肌...
  4. 4位 1月10日 12時00分
    花王、執行役員の異動(1月1日付)
  5. 5位 12月27日 16時00分
    岩瀬コスファ、数多くの環境配慮型原...
  6. 6位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  7. 7位 1月10日 11時00分
    花王、機構改革(1月1日付)
  8. 8位 1月23日 11時00分
    マンダム、男性スタイリング市場の再...
  9. 9位 12月28日 10時00分
    2022年ヘアケア市場、環境配慮と...
  10. 10位 1月8日 10時40分
    サンスター、コロナ禍で殺菌成分「C...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ