目指すは透明感ある美肌!美白化粧品の選び方

目指すは透明感ある美肌!美白化粧品の選び方

ジメジメとした梅雨が明け、紫外線が最も強く、気になる夏到来!
気がついたら「お肌がこんがりやけてしまった」「シミができている!」
「もともとあったシミが濃くなっている」「肌がくすんでいる」
といったことはありませんか?

店頭には美白商品がたくさん並びますが、
お肌の状態やお悩みに合わせて選択することが、
透明感のある美肌への近道です。

まずはシミやくすみができるメカニズムをご紹介します。

シミやくすみができるメカニズム

シミの主な原因は紫外線です。

紫外線によりケラチノサイト(表皮細胞)が刺激を受けると、
ケラチノサイトからメラノサイト活性化因子(情報伝達物質)が生成され、
メラノサイト(色素細胞)にシグナルが伝えられメラノサイトが活性化します。

活性化したメラノサイト内では、
チロシンというアミノ酸がメラニン生成酵素チロシナーゼによって徐々に変化して、
ドーパ、ドーパキノンとなり、
やがてメラニンとなります。

メラノサイト内でつくられたメラニンは、
ケラチノサイトに受け渡されます。

メラニンは本来、
紫外線やさまざまな刺激から細胞を守るために産生されます。
従ってメラニンは人間にとってなくてならない大切なものですが、
何らかの原因で過剰に作られたメラニンは、
ケラチノサイトに滞留すると、色素が沈着し、シミとなります。

美白化粧品の役割

医薬部外品の美白化粧品の役割は
「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」ことです。
有効成分の種類によって、
シミの原因メラニンへのアプローチ方法が異なり、
大きく3つの働きに分けられます。

①メラニン生成を抑制すること (ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタエキスなど)
②メラニンの排泄を促進すること(プラセンタエキスなど)
③メラニンを還元する(ビタミンC誘導体など)

美白商品で、肌色を均一に、
潤いに満ちた透明感のある白肌を目指すためには、
ご自身のお肌やお悩みに合った、
有効成分が使用されている美白化粧品の選択をおすすめします。

ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 目指すは透明感ある美肌!美白化粧品の選び方

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop